実習4日目。

ようやく、少〜し太陽が見えました☀️

ハウスの中の作業が少し蒸し暑く感じ始め、ハウスから出た時の清々しい風は、気持ちのいい冷たい風です。

北島里志農園にて
f0087620_12440445.jpg

これだー!これからが北海道の夏だー!!



f0087620_12471903.jpg
f0087620_12502938.jpg
まっすぐで、割り箸ぐらいの長さで、ボコボコしていないのが優品です。

f0087620_12503239.jpg
しっかり分別して下さいね。
f0087620_12485255.jpg
初めて少し青空が見えました。
f0087620_12493190.jpg

明るい農家の方々に囲まれて、今日もササゲの収穫に励んでいます。



[PR]
# by anobunko | 2018-07-06 16:22
北島里志さんのうちに向かっていたら、道を左から右に走っていく小動物が。多分エゾリス。
内地(←本州のこと)の人が憧れる豊かな自然を実感しながら、実習生徒のようすを見回っています。

さて、北島里志さまのお宅でこのようなものを見つけました。
f0087620_20393796.jpg
f0087620_20393592.jpg
「ニホンザリガニ」です。
近畿の川で見かけるザリガニの大半は、赤い色をした外来種の「アメリカザリガニ」。しかし、本来日本にいたのはこの「ニホンザリガニ」。きれいな水の場所でないと育たない、という特徴のため生息域を減らしていますが、この余市ではまだまだ生息できるみたい。改めて北海道・余市の自然の豊かさを実感します。

ちなみに恥ずかしがり屋さんのこのニホンザリガニ。
カメラを向けている間に、右側の石の穴にあとずさりで隠れてしまいました。謙虚な恥ずかしがり屋さんみたいです。



[PR]
# by anobunko | 2018-07-05 20:53
今日の実習は、雨で半日お休み、1日お休みになったところもあったようです。
f0087620_20034012.jpg
雨のブドウ畑
f0087620_20034501.jpg
雨のサクランボ畑

こちらに来てから、まだ晴れの風景が撮れていません。

生徒にとっては、いい骨休めになったかもしれませんが…

明日からようやく太陽が見れそうです☀️

太陽の恵みに感謝しながら、気分も晴れやかに、張り切って実習に励みましょう!

[PR]
# by anobunko | 2018-07-05 20:02
実習3日目。

昨夜から大雨、北海道全域には洪水警報が出ています。



こちらは北島里志農園

ハウスの中では、関係なく、ササゲの収穫です。
f0087620_11314436.jpg
大きさを見極めるのにも大分慣れてきたようです。

Y君はひたすら収穫作業に足が痛いと言っていましたが、持ち前の真面目さでコツコツと根気よく収穫していました。


f0087620_11315003.jpg
F君の頭の中は、早くも実習の合間の交流会やお土産の心配で、、


農家の方は、早くも2人の性格を理解していただき、温かく見守って下さっています。

ほんとうにありがたいです。



追伸、F君。
みんなで見ているテレビのリモコンは、独占しないように!一言みんなに聞きましょう💦

[PR]
# by anobunko | 2018-07-05 11:57
宮野農園のHさん。


一人でもしっかりと頑張ってますよ。
f0087620_13422887.jpg
リンゴの摘果作業です。

例年は、もっぱら屋根の下でのサクランボの選別作業が多いのですが、今年は収穫がまだまだ少ないようで、外での作業が続きます。

最後に別れ際、「みんなによろしく」って言葉がちょっと寂しそうにも見えなくもなかったですが、農家の方々としっかりと色々お話ししているようですよ。



[PR]
# by anobunko | 2018-07-04 16:48
実習2日目。

今日も太陽☀️が見えず、農家にとっては厳しい曇り空。

昨夜、腹痛を訴えていた北島治農園のMさん。 

今朝、様子を見に行くと、、
f0087620_12072221.jpg
なんとか元気にトマトの消毒作業をしていました。

ほっ♫

同じく実習で入っているニセコ高校2年の女の子2人に助けられ、頑張っているようです。

ニセコ高校生のお2人が、

「Mちゃんのおかげで、助かってます。Mちゃんが来てからとても楽しいです。Mちゃんの作る料理、凄く美味しいです」

とベタ褒め😊

いえいえ、逆に、一人で寂しいところを、随分助けられている事でしょう。

でもそれも明日まで😱

ニセコ高校のお二人、ちょっと実習、延長してもらえませんかね〜??



[PR]
# by anobunko | 2018-07-04 12:27
写真は土井さんのお宅でマキ割り機を使って、枯れたりした老木を懸命に割っている生徒のようす。
f0087620_16445264.jpg
割ったマキを左奥に見える小屋へと投げ入れる、という作業なのですが、一冬でこの小屋にあるマキを半分くらい使ってしまうのだとか。夏は豊かな恵みを与えてくれる北海道の大地ですが、冬は寒さという試練を与えてくるようです。
なお、マキ割りしていた土井さんの家には煙突があり、窓は北日本ではよく見られる二重窓。
f0087620_16490413.jpg
冬ここに来たらまた違う印象を受けるんだろうな・・・。


広大な大地でワイン用ブドウを栽培されている田崎さんの農場。
f0087620_16501429.jpg
関西でよく見る「ブドウ棚」ではなく、ブドウのつるをワイヤー柵に絡ませる栽培法です。
冬はブドウのつるを棚から外し、地面に這わせることで雪の重みに耐えるのだとか。

咲いていた花(黄色く小さく見える)には、ハナアブが来ていました。
f0087620_06431620.jpg
虫の力も借りて受粉した花が、立派に実ってくれますように。

【おまけ】
夜、北海道では一番の店舗数を誇るコンビニチェーン店に行ってきました。
f0087620_20280285.jpg
北海道以外ではマイナーだから、とあなどるなかれ。このコンビニチェーン独自の商品も販売されています。ちゃんとメロン果汁も入ってる。
f0087620_20344733.jpg
北海道の力強さを、いろんなところから感じてもらいたいな、と思います。



[PR]
# by anobunko | 2018-07-04 06:44
実習1日目。

曇り空、時々小雨模様。(涼しく作業には快適)

校長先生とともに、農家にご挨拶まわり。

【土井農園】
f0087620_16460744.jpg

薪割り

【田崎農園】
f0087620_15500078.jpg
ワインブドウのわき芽取り
f0087620_15500247.jpg
「昨日は、子どもと上手く遊んでくれていましたよ。そっちの方が疲れるんじゃない?(笑)」と農家さん談

【北島治農園】
f0087620_15495344.jpg
ミニトマトのわき芽取り  


【北島里志農園】
f0087620_15500525.jpg
ササゲの収穫。

おまけ
f0087620_20411143.jpg

ササゲのアーチ下にて、校長先生。


宮野農園は、畑に行っていて出会えませんでしたが、

皆、いい目つき顔つきで頑張っていて、一安心。 農家さんの評価も上々(まだこれからですが…)

今年は、日照時間が少なく雨が多かったので、サクランボの成育が悪く、収穫が遅れているのが心配です。



[PR]
# by anobunko | 2018-07-03 16:01
入町式です。

嶋余市町長はじめ余市役場の方々ご参列のもと、
生徒たちにとっては緊張の農家の方々とのご対面です。
f0087620_18375155.jpg

f0087620_18375440.jpg

f0087620_18375626.jpg

農家の皆様、これからお世話になります。

実習生の皆さん、お互い頑張りましょう!
そして、しばしさようなら

[PR]
# by anobunko | 2018-07-02 18:36
余市駅に着きました。

余市役場の方々が、駅でお迎え下さいました。

こんなに降るか〜〜?

と言うくらいの雨の中、歩いて5分のニッカウヰスキー余市蒸留所の見学。
f0087620_15100613.jpeg

f0087620_15174744.jpeg

f0087620_15181129.jpeg

f0087620_16000290.jpeg

緊張の入町式まで、しばし休憩です。

[PR]
# by anobunko | 2018-07-02 15:03