奈良TIME

皆さんは、五條の銘菓『鮎菓子』をご存じですか。

“若鮎”や“焼き鮎”とも呼ばれ、原型は租庸調として布を納めていたという故事にあやかり作られたお菓子だそうで、いつしか鮎に似せて各地で銘菓として作られているそうです。



・・・と、長々と説明するより、見た方が早いですね。

f0087620_15462131.jpg

これです。

これは、1年生の奈良TIMEの時間に作った手作り“鮎菓子”です。

では、その行程を追ってまいりましょう。

f0087620_15303916.jpg
①外側の皮を作ってまーす

f0087620_15304439.jpg
②中側の求肥(ぎゅうひ)作ってまーす

f0087620_15305209.jpg
f0087620_15324561.jpg
③生地を焼いてまーす。楕円形に焼いてねー

f0087620_15360540.jpg
④求肥(モチ生地)を棒状に切ってまーす

f0087620_15310238.jpg
⑤包んでまーす


最後に、やきゴテで、鮎の目やひれの模様を焼き付けたらできあがり♪





f0087620_15260653.jpg
家への、いいお土産がたくさんできましたね♪




[PR]
by anobunko | 2018-01-17 15:41