いのちの授業

本日農業科2年の実習は「鶏のと殺・解体」実習。
f0087620_16294710.jpg
分校には、2009年4月末から飼い始めたボリスブラウン6羽(雄1羽・雌5羽)+その後加わった烏骨鶏2羽いましたが、最近は産卵ペースも低下し、今日とうとう解体の時期が来たのです。
f0087620_16302214.jpg
分校で鶏を飼い始めて、初めての解体実習です。
f0087620_16303075.jpg
この貴重な体験を生徒たちはしっかりと受け止め、皆、真剣にとり組んでいました。f0087620_1631380.jpg
解体後は、調理へと続きます。今日は唐揚げです。
f0087620_16311047.jpg
揚げ上がった唐揚げを早速試食。ありがたくいただきました。
f0087620_16313842.jpg
こうして鶏の飼い始めから一連の鶏との関わりを経験し、最後は「いのちを頂く」ありがたさを実感したのでありました。

分校の動物飼育は、また新たなステージへと歩み出しました。
[PR]
by anobunko | 2012-05-22 17:13